top of page

マキエイズム

価格

¥2,750

消費税込み

私が性の客体を演じる理由

 

A5判 128ページ ソフトカバー 

2023年10月10日 ISBN978-4-434-32605-9

公式サイト購入特典あり

 

ホモソーシャル社会に押し付けられる「女」から解放されて、自分の生き方に自信を持つこと、それがマキエイズム――『マキエマキ』『似非』と鮮烈な熟女エロ写真集を出してきたマキエマキのシン・写真集。

今回もエロくてアートなセルフポートレートを多数掲載しているのはもちろんのこと、初の書き下ろしエッセイを収録。
表現する理由、男たちへの怒り、女たちへのエールが、痛快な筆致で書かれている。
マキエマキの思想を知れば、マキエマキがもっと好きになる。

 

目次
まえがき セルフポートレートの始まり

第一章 春を鬻(ひさ)ぐ
 女は今こそ人権が欲しい
 「ロケ場所知ってる」マンへ SNSにコメントしないで
 追想 忘れじの新むつ旅館

第二章 昭和の女から令和の女へ
 女の子の夢が「お嫁さん」だった時代
 若く美しい女性たちへ 自由な熟女になれ
 追想 編集者 島本脩二氏との思い出

マキエさん、私を撮ってください!
 ビジュアルコンプレックスを払拭したくて/八木志芳
 若くてかわいい“女”を見返すために/きのコ
 マキエさんに撮ってもらったら、マキエさんのことがもっと好きになりました/温泉モデルしずかちゃん

第三章 典雅の国のファンタジー
 日本の女に生まれて
 追想 自撮りはつらいよ

フェミニズムから脱皮する瞬間/神田つばき

あとがき 輝かしい経歴


出版社からのコメント

男女差別があたりまえだった昭和の時代に育ち、なるべく女を出さないよう男社会で働いてきた女性写真家が、なぜ「昭和のエロ」をテーマにセルフポートレートを撮るようになったのか――女に生まれたくなかった女性たち、女であることを謳歌している女性たちにも手に取ってほしい一冊です。
作家、詩人、編集者など、プロからも愛されるプロの表現者マキエマキの矜持にしびれます。

数量

在庫残り8点

注意事項

  • 商品発送後の返品・返却等はお受け致しかねます。
  • 商品が不良の場合のみ良品と交換致します。
bottom of page